フリューゲル卓球クラブ

東京都羽村市の会員制卓球クラブ
小学生 / 中学生 / 高校生 専門

※スマートフォンで視聴する場合は再生後にダブルタップすると大きく見れます

# 始まりは地元の初心者中学生

# 始まりは地元の初心者中学生
2007年頃、フリューゲルの地元である羽村三中の生徒は非常に弱く、公式戦ではいつも初戦敗退が当たり前だった。羽村三中は部活の時間が非常に短い。そもそも練習する時間が少ないのだから弱いのは当たり前だ。そんな中、「どうにかなりませんか?」という声があり、羽村三中の部員が練習できる環境をつくる為に立ち上げられたのがフリューゲルだ。当時は夜間に中学校の体育館を2時間程借りてボランティアとして活動していた。

# 大活躍した1期生
1期生達の練習への取り組む姿勢はすばらしく、フリューゲルに練習に来ていた生徒がその後の大会で大活躍をした。1期生達は大金星を挙げ異常に自信をつけてしまい、その流れで人生もどんどん良い方向に向かっていった。現在は立派な社会人になっている。このことから分かるように、クラブ選びは非常に重要で、時には進路を選ぶのと同じように人生を左右することがある。結局は1期生の活躍が凄すぎてそのままフリューゲルを続けていくという事になった。

#うまくなりたい人が集まる場所
しばらくすると三中の生徒だけではなく、小学生や他校の中学生や高校生なども練習に来るようになっていた。ジュニア世代の選手を育成する場所としてフリューゲルの存在が認知されてくる。その後、中学生は全中出場、高校生はインターハイ出場や国体代表などにもなった選手が出てくる。

# みんなが集まる理由
【うまくなりたい人が集まる場所 = うまくなる環境がそこにある】フリューゲルには、さまざまなところから通ってくる生徒が多数いる。これは、うまくなる環境が整っているという証拠でもある。フリューゲルは上達に必要不可欠な、一流のコーチ・手厚いサポート・集中できる環境、という3大要素が揃っている。

# 選手ファーストのクラブ運営ができている
なぜフリューゲルは立地のいい都内に出店しなかったのか?それは、固定費用があると必ず儲けファーストになってしまうと考えたからだ。都内に出店する場合は家賃などのコストが莫大にかかる。売り上げがなければ赤字になりクラブを続けていけなくなる為、お客さんをたくさんとる事に必死になり、利益ファーストでのクラブ運営になってしまうことが多い。その反面、フリューゲルは自宅の前に施設を建てた為、家賃などのコストがなく、常に選手ファーストでクラブ運営ができるようになっている。

# 初心者でも安心のレベル分けシステム
ここまでのフリューゲルの話を聞くと、上級者ばかりが集まり少し敷居が高いようなイメージを抱くかもしれないが、全くそんな事はない。それは、フリューゲルのレベル分けシステムにある。中学から部活に入って卓球を始めた初心者の生徒も多数在籍している。年齢やレベルによってクラス分けをするので初心者でも安心のシステムとなっている。

まとめ
フリューゲル卓球クラブは、男女問わず、小学生 / 中学生 / 高校生 が専門のクラブで、レベル分けシステムがあるので初心者から上級者まで入会ができる。